2024年度の沖小連審判伝達講習であった競技規則の変更点についてお知らせいたします。

●タイムアウト時の取り扱い
タイムアウトは30秒であるが、選手は30秒を待たずにコートに戻ってよい。ただし、タイムアウトの時間が短くなることはない。
テクニカルタイムアウトについては、従来通り、30秒間コートの外にいなくてはならない(給水、休息が目的のため)

●試合前のあいさつについて
選手はネットをはさんで、対戦相手と握手をする。
監督は、試合後に審判と握手をする。

●ユニホームについて
混合の男女区別を靴下で行う場合、男女で色を変える(長さを変えるは不可)
ハチマキの着用は、チームでそろえなくてよい(ヘアーバンドと同じ扱い)

●ベンチへの持ち込み物について
水筒は、ワンタッチ式の蓋つき水筒でもよい。(ペットボトルは引き続き不可)。ただし、体育館によっては不可の場合があるので注意すること。
キャンプカートは、使用禁止。
スマートウォッチは、時計としての使用は認める(通信機器やカメラとしての使用は禁止)

●ベンチスタッフの服装について
ベンチスタッフのシャツのイン・アウトはどちらでもよい(だらしないのはNG)
選手についてはインすること。(安全面、盗撮防止のため)

●県大会出場チームへ
ユニホームの写真(正・副2パターン)の提出があります。詳しくは、県小連のホームページで案内します。

プレミアムサポーター
株式会社チネン通信
株式会社チネン通信
金城組
金城組